【リスクヘッジ】せどり・転売の予約は複数店舗に分けよう!

リスクヘッジ

せどり リスクヘッジtop

実生活を豊かにするためには副業は必要です。

ただし副業を始めるにあたり、初期段階では知識や情報も少なく失敗する事もあるでしょう。


痛い目にあってこそ、結果はついてきますが

少しでもリスクを避けられるよう、リスクヘッジのカテゴリーも随時作成していきます。

今回は複数店舗での予約のススメをお伝えしていきます。

商品の予約について

商品予約

プレ値になるだろう商品、すでにプレ値になっている発売前商品を

事前に確保するためには予約が必要です。


電脳せどりにおいては、Yahooショッピングや楽天ブックスでも予約が可能ですし

実店舗でも販売前商品を予約する事が出来ます。

予約を有効利用することで、販売後に焦る事なく

せどり・転売を行う事が可能です。

なぜ予約を複数店舗にするのか

予約の有効利用について上述しましたが、なぜ複数店舗で予約をしたほうが良いのでしょうか?

主な理由は2点です~!

  • 1:ある店舗で発送遅延が発生した際にリスクを分散出来る。
  • 2:1限の商品でも複数店舗で購入すれば大量確保出来る。



電脳せどりあるあるですが、まれにネットショップでは商品出荷が遅れる事があります。

Amazonでの予約販売は発売日に出荷する必要があるため

出荷遅延は致命的です。複数店舗で予約しておけば、リスクを分散する事が可能ですね。


また複数確保したいのに、1限でしか購入出来ない際にも

複数のショップで予約注文を入れておけば大量に確保出来るメリットがあります。

実店舗でも確保しよう!

私は予約は特定のネットショップで電脳仕入を行います。

ただし必ず実店舗でも一定量を予約確保します。


商品の到着遅延や、本業が繁忙期でどうしても商品の受取が出来ないケースがあったからです。

実店舗は夜12時頃までしているのが主ですので、上記のようなケースでも

実店舗で商品を受け取る事でリスク回避を行っております。

予約数は何があってもフォロー出来る数に止めよう!

予約商品の出荷遅延、突然の予約注文キャンセルなど予期せぬ事が起こりえます。

私は何回か予約販売の際に、発売日前日に商品確保が困難になった事があり

本業そっちのけで商品確保に動いた経験があります。


何が起きても受注した予約注文に対応出来るだけの数量しか

出品しない事をお勧めします。結局注文を捌けなければAmazonからペナルティーを科されるだけですから。



最後に私の電脳せどり予約販売の際の商品確保の例をあげます。


・対象商品:嵐 復活love(2016年2月発売商品)
・予約店舗数:6件
・予約内訳:ネットショップ:5件、実店舗:1件


予約販売常連の嵐のシングルです。

まずは安いネットショップで一定量を確保しました。

その後実店舗でもネットショップの遅延をフォロー出来るよう一定量を確保しております。



さらに実店舗でも遅延した場合でも、その他実店舗で確保出来る算段はあります。

私は複数の県の実店舗リストがあるので、あらゆるリスクに対応が出来ます。


初心者の方は急には難しいでしょうが、今後継続的に転売を行うためには

リスクヘッジ出来るように店舗選び、開拓を行っていきましょうね!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね




LINE@登録で、初心者が10万稼ぐマニュアル・LINEチーム参加権GET! 友だち追加


月収100万overの2人で無料ラインチーム募集中です! 無料ラインチーム募集中!


いっくんのメルマガ登録は下記バナーをクリック!


スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ