【Amazon電脳せどり】「期日内配送指標」が追加!空出荷対策か!?

Amazon

amazon2

本日2016年2月5日より、Amazonセラーセントラルのパフォーマンス内の

顧客満足指数:アカウント健全性に新たな項目が追加されます!

「期日内配送指標」の項目との事ですが、どういった事でしょうか?




※あくまでも今回の記事は速報ですので、詳しくは各自Amazonカスタマーサービスへ
 確認をして頂きたく、よろしくお願いいたします。

期日内配送指標/配送追跡指標について

急遽Amazonより通達がありましたので、まずAmazon公式ページを確認してみましょう。

2月5日よりセラーセントラルのパフォーマンスのなかの

顧客満足指数にあるアカウント健全性に新しく

「期日内配送指標」が追加されます(本機能は順次各出品者様に公開されます)。

出品者様の配送の配送状況がお客様とAmazonにより

追跡・確認することができた割合(追跡可能率)、お届け予定日までに

届いた割合(期日内配送率)を通常配送、マケプレお急ぎ便など配送種別ごとに

ご確認いただくことができます。またレポートをダウンロードいただくことで

過去の配送1件1件について、追跡できたか、お届け予定日までに

配送が完了したか、を確認いただけます。

配送品質を高めることは顧客満足度を高めることにつながります。

また、一定の配送品質基準を満たすことで

お急ぎ便関連プログラム(マケプレ当日お急ぎ便/マケプレ当日お急ぎ便)を

ご利用いただけるようになり、購入者様に迅速な配送を

アピールすることができます。

(※お急ぎ便関連プログラムは大口出品者様のみが利用可能です)。

ぜひ期日内配送指標を定期的に確認いただき、配送品質の維持・改善にお役立てください。

※引用元:Amazon公式ページ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/headlines.html/ref=xx_headlines_cont_home#42353)





注目するのは、「出品者様の配送の配送状況がお客様とAmazonにより

追跡・確認することができた割合」の部分です。




「Amazonにより!」という事はAmazonが出荷状況を監視し始めるという認識でしょうか?

出荷通知を出したが、出荷通知が確認出来なければ、アカウント健全性に影響

少なくとも出る可能性があると捕らえてもよいかもしれません。




最近Amazonは出荷遅延防止に力を入れており、今回の施策は

その延長線上にあるのかもしれませんね。


電脳せどり予約販売では自己発送が必須ですので、Amazon様の指示に従って

アカウントに影響が無いようにケアしながら販売しましょう!

期日内配送指標についての詳細

期日内配送指標は、出品者出荷で配送予定期間中に購入者様が商品を受け取る割合を示します。

この指標は、トラッキング番号/お問い合わせ伝票番号が正しく入力され

Amazonから追跡可能な配送を元に計算されます。

期日内に配送することによって

先日オプション追加された「お急ぎ便関連プログラム」の参加資格を得る事が

可能になるようです。但し我々はそこまで速達を使用する事は少ないのではないでしょうか?

購入者様への公開は?

購入者さんへはこの指標は現時点では公開はされないようです。

ただし今後評価の一因として、公開される可能性はあるのかもしれませんね。

期日内配送指標を下回ったら?

「お急ぎ便関連プログラム」の参加資格が無くなると記載されてますが

恐らくアカウントに見えないマイナスが付くのではないかと予想されますね。

いつまでに配送すればOK?

出荷通知入力時から48時間以内に、配送されている事が確認されればOK。

また配送予定日前に、到着が確認されればOKとの事です。




48時間以内なら、少しハードルが下がるかな?と思ってしまいましたw

現状電脳せどり+予約販売で自己発送されている方なら、注文後24時間以内には出荷されているでしょうから

まあ問題ないと思います!!

Amazonが追跡可能な業者を使う!

ホームページを見ると下記がAmazonがデータ提携をしている業者との事です。

・ヤマト運輸
・日本郵便
・佐川急便
・カトーレック
・摂津倉庫




裏を返すと、上記以外の業者はデータが引っ張れないので

使用するなとの認識になるようです。


2/6追記:カスタマーサービスより正式に上記5社の使用を推奨されました!
Amazonせどりでは指定業者5社を使用すること!

追跡番号を正しく認識させる!

Amazon公式ページには、トラッキング番号/お問い合わせ伝票番号を

正しく認識させるための注意点も記載されてました。

トラッキング番号/お問い合わせ伝票番号が

有効と承認されなかった荷物は、未確認のお問い合わせ伝票番号と記録されます。

理由として以下が考えられます。

提供されたトラッキング番号/お問い合わせ伝票番号に誤りがある、

トラッキング番号/お問い合わせ伝票番号は正しいが、配送業者に特有の番号である。

たとえば、配送にヤマト運輸を使っていても、配送業者名欄に

佐川急便と入力すると、未確認のお問い合わせ伝票番号と記録されます。

入力されたトラッキング番号/お問い合わせ伝票番号と配送業者名が正しくても

配送業者がAmazon指定ではない。未確認のお問い合わせ伝票番号と

記録された荷物がありトラッキング番号/お問い合わせ伝票番号が正しく

かつ、Amazon指定の配送業者を使っている場合

トラッキング番号/お問い合わせ伝票番号を再入力してください。

問題が修正されない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

Amazonがさらに調査を行います。
※引用元:Amazon公式ページ





Amazon指定の運送業者を使用し、運送業者と追跡番号を正しく報告する。

空出荷はするな!との認識ですかね。

マジメに今まで出荷している方であれば、今まで通り業務対応すれば問題無いでしょう。




ただし予約販売の際に、どうしても出荷期限に出荷通知が出せないケースが

今後あるかもしれません。その際にはパフォーマンス指標に何かしのマイナスが

付くかもしれないという事は今後認識しておきましょう!


一番大事なショッピングカート取得率にも影響するかもしれないですからね。




とにかく電脳せどり+予約販売での空出荷は今後厳禁だと思いますので、ご注意下さいね~!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね




LINE@登録で、初心者が10万稼ぐマニュアル・LINEチーム参加権GET! 友だち追加


月収100万overの2人で無料ラインチーム募集中です! 無料ラインチーム募集中!


いっくんのメルマガ登録は下記バナーをクリック!


スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ