Amazonに無い商品のカタログ作成方法

電脳せどり・転売経験が少ない方は、Amazonに登録されていない商品を仕入れた時

出品に困ったり、出品を諦めたりしていないですか?

そんな時は自分で商品カタログページを作成しましょう!


shickは、コンビニ商品や景品などの販売の際に作成してます。

商品によっては、自分だけで独占して繰り返し販売する事も可能ですよ。

では条件や作成方法を下記にてご紹介していきます。

商品登録のAmazon規約をまずチェック!

Amazonで販売する際は、必ず規約を遵守して販売する必要があります。

もちろん今回の商品登録にも規約がありますので、まずチェックしましょう!

詳細は下記にてご確認下さい。

・Amazonホームページ:カテゴリー別商品登録ルール

・Amazonホームページ:カテゴリー別商品登録ルール

Amazon規約はココが特に注意!

下記はAmazonホームページの商品登録の一般注意事項です。

一般注意事項:
・商品の詳細ページを作成する以外の目的で
「商品登録」機能を使用することは禁止されています。

・「商品登録」機能によって商品の詳細ページを作成するために
  誤った商品の特定をしかねない商品情報の使用をすることは認められません。

・商品の詳細ページを作成する場合、出品者は、一般的な商品の特徴に
 かかわる情報のみを提供しなければなりません。

・商品の詳細ページは、同じ商品を販売する他業者により
 使用される可能性があることに留意してください。新品以外の商品の場合は、
 商品の状態や、その他商品固有の情報を記載することができます。

・「商品登録」を使用して商品の詳細ページを作成する場合、
  出品者はHTML、DHTML、Java、スクリプトその他
  実行ファイルを含めてはなりません。

・商品名には、メーカー・ブランド名・仕様・型番を
 含む商品の正式な名称を記載してください。

・それぞれのカテゴリ毎に商品名の登録ルールが詳しく定められておりますので、
 こちらより商品登録ルールを確認してください。

・商品の付属品におきましては、商品の仕様
 もしくは、商品の説明にご入力ください。

・本来の商品名と関係のない文章や記号を含まないようにしてください。

・それぞれを半角スペースで区切ってください。

・スペースも含め全角50文字以内で入力してください。

・スペースは半角で入力してください。

・半角カタカナは使用不可です。

・英数文字、ハイフンは半角で入力してください。

・Type 1 High ASCII文字やその他の特殊文字、機種依存文字は、使用できません。

・セール、OFF率、激安、送料無料、限定予約、入荷日、シーズン等をタイトルに入れるのは不可とします。

特に注意してほしいのは下記2点となります。

  • 商品情報は正確に入力する!:作品名、歌手名、レーベル名など
  • セール、OFF率、激安、送料無料、限定予約、入荷日、シーズン等を入れない!
    知らずに上記ワードを入れて、アカウント一時停止になったケースもあります。

あなたの作成した商品カタログ経由で、全世界の方が購入されるので

しっかり責任を持って作成する事を心掛けましょう!

商品登録出来るカデゴリー

商品登録出来るカテゴリーは、あらかじめ決められております。

おおよそは新規登録が可能ですが、出品申請が必要なカテゴリー等では登録不可です。

下記はAmazonホームページのカテゴリー別の一般注意事項です。

利用できる商品カテゴリー
商品登録機能を利用できるのは以下のカテゴリーです。

本(和書)
ミュージック(CD・レコード)
TVゲーム
PCソフト
エレクトロニクス
パソコン・周辺機器
ホーム(家具・インテリア・キッチン)
ホームアプライアンス(小型白物家電)
大型家電
おもちゃ&ホビー
ベビー&マタニティ
スポーツ&アウトドア
カー&バイク用品
文房具・オフィス用品
DIY・工具
楽器
Kindle アクセサリ *
カメラ
上記以外の商品カテゴリーは、出品制限があるため、商品を新規登録できません。

今後、上記以外の商品カテゴリーでも対応できるようツールを拡大していく予定ですが
対応可能になるまでは、出品制限のあるカテゴリーの商品は出品しないでください。

これに違反して出品制限のあるカテゴリーの商品を出品した場合
または明らかに違うカテゴリーに商品を新規登録し出品した場合は
出品用アカウントの停止または解約などの
処置を取る場合もありますので、ご注意ください。

主な注意点を纏めましたのでご確認下さい。

  • 出品制限のあるカテゴリーでは新規登録は制限!
  • 各カテゴリー別の規約は別途Amazonホームページでチェック!
  • カテゴリーの明らかに違う商品の登録はアカウント停止に繋がる!
    ※CDを意図的にライバルを減らすために別カテゴリに登録など

特に最後の明らかに違うカテゴリーへの登録

アカウント停止に繋がりかねないので注意が必要です!

セラーセントラルでの登録操作方法

商品登録の規約は理解頂けたと思いますので、早速商品カタログの新規作成をしましょう!


カタログの作成はカスタマーサービスに依頼するのではなく

すべてセラーセントラル内で自分で作成する事が出来ますよ。


詳細方法は下記をご確認下さいね!

セラーセントラルにログイン

セラーセントラルにログイン


まずはAmazonセラーセントラルにログインして頂き
「在庫」→「商品登録」をクリック。

商品登録

セラーセントラル商品登録


下部のAmazonにカタログがなかった場合、「商品を新規に登録する」をクリック。

対象カテゴリーを探し選択

対象カテゴリーを探し選択

こちらのページで対象カテゴリーを選択していきます。

今回は例として、「ミュージック」→「ポピュラー」を選択しました。

商品情報の入力(重要情報)

商品情報の入力(重要情報)

ここからは商品情報の入力を行います。


重要情報部分の赤枠部分は入力必須ですので正確な情報を入力しましょう!

「商品名」、「アーティスト」の正規情報は

大手オンラインショップ等で調べて入力して下さい。


その他項目は任意入力で構いません。


商品情報の入力(重要情報2)

「製品形式」、「メーカー型番」、「発売年」を入力します。


商品情報の入力(重要情報3)

「レコードレーベル」、「推奨ブラウズノード」、「商品コード」を入力します。

レコードレーベル名、商品コードはしっかり大手ショップを参考にしましょう。

推奨ブラウズノードとは、商品のジャンルです。※CD→J-POPなど

こちらもしっかり指定しないと、購入者が検索する際にしっかり検索出来なくなります。

商品情報の入力(出品者情報)は後ほど登録でOK!

商品情報の入力(出品者情報)

こちらで商品の単価等を入力できるのですが

商品カタログが出来てから入力出来ますので今回は割愛します。

商品情報の入力の画像は必須!

商品情報の入力の画像

登録する商品の画像登録を行います。


画像が無いと購入者の購買意欲は半減するとも言われてますので

しっかり登録を行いましょう。


画像登録の際は、下記に注意してください。

  • 鮮明に写っていて豊富な情報が入っている魅力的な画像を選択
  • 商品が画像の少なくとも85%を占めている必要有り
  • 販売する製品のみが写っている事、関係の無い画像は禁止
  • ロゴ、透かし、はめ込み画像は使用不可
  • 長辺は少なくとも1000ピクセル
  • 短辺は少なくとも500ピクセル
  • 長辺は1万ピクセル未満
  • JPEG推奨、TIFFやGIF使用可能


商品情報(商品説明)の入力

商品情報(商品説明)の入力

こちらで商品説明を入力します。

基本は大手オンラインショップの説明文を参考にされると良いでしょう。


注意点ですが、そのまま入力すると説明文が改行されず

非常に見にくくなります。そのため改行したい所に半角で<BR>のタグを入力しましょう。


Amazon規約ではhtmlタグの使用は推奨されていませんが

カスタマーサービスに確認したところ、規約違反では無いとの事でしたので

見栄えを考え、改行タグを使用すると良いでしょう。

商品情報(検索キーワード)の入力

画像の名前

新規商品の検索キーワードを入力していきます。

購入者が検索する際のキーワードになりますので、しっかり考慮して

キーワード選定を行って下さい。


グーグル等のポータルサイトで商品名を入力すると関連キーワードが

出てきますので、ぜひ試してみて下さい。

商品情報(重量・サイズ)の入力

商品情報(重量・サイズ)の入力

これで最後となりますので、頑張りましょう。

最後に詳細ページで、「梱包の寸法」と「重量」を入力します。


こちらはFBAへ入荷する際などに影響してきますので

しっかり入力しましょう。間違えると保管料が高く取られるなどトラブルの元です。




これで商品登録は完了です。

場合に応じて新カタログを作成する事で、あなただけの商品ができて

安定利益に繋がりますよ~!電脳せどりの手法の一つとして、ぜひとも活用してみて下さい。