Amazon長期在庫保管手数料に注意!8月15日までに不当在庫を処分を行いましょう!

Amazon
長期在庫保管手数料
長期在庫保管手数料

せどり初心者の方は全く意識されてないかもしれませんが
AmazonのFBAで在庫管理をしてもらうにあたって
保管料とは別に、長期在庫保管手数料という物も存在します。


名前の通り、長期にわたって保管する商品には
割増で保管料貰うよーって事ですね。

長期在庫保管手数料の請求は、毎年決まっており
毎年2月15日と8月15日に在庫チェック、請求という流れとなります。


普通にせどりをしていたら、こんな不当在庫は発生しないんですが
長期在庫を保有されている人のためにも本日はブログの題材にします。

長期在庫保管手数料について

長期在庫保管手数料について、まずはAmazon公式ページの解説をご紹介します。

毎年2月15日と8月15日にFBA在庫一掃チェックをおこない、Amazonフルフィルメントセンター(以下、FC)に365日以上保管されている在庫を事前に調査し、10cmx10cmx10cmあたり174.857円の長期在庫保管手数料を半年に一度算出し、半年分を課金します。

Amazonでは商品の品揃え維持のため、各ASINに対して今回新たに課金対象となる在庫しかない場合、うち1点は課金対象外となります。
長期在庫保管手数料の見積もりは、先入れ・先出しの原則で出荷が行われたとみなして算出していますが、実際の注文には効率よく商品を出荷するため、先入れ・先出しの原則は使用されておりません。



365日以上保管されている在庫を事前に調査し、10cmx10cmx10cmあたり
174.857円の長期在庫保管手数料を半年に一度算出し、半年分を課金します。

つまり、180日を超える在庫にも1,000㎤当たり 87.4285 円が課金されるわけですね。

長期在庫保管手数料の対象商品チェック方法

対象商品チェック方法について簡単にご紹介します。


セラーセントラルのTOPページ:右側にある「在庫健全化ツール」をチェック。

在庫チェック
在庫チェック



ここに対象商品があれば、対象商品が下記のように出てきます。

対象商品
対象商品

対象商品の処分について

特別寝かしなど行ってない場合、これを機に処分等を行いましょう。

対策としては、3点。

  • 値下げ
  • 返送
  • 廃棄



もう期日も迫っていますので、まずは大幅に値下げを行いましょう。
その後、在庫処分が出来ないようなら、返送・廃棄を行います。


高額商品であれば、返送しオークション・フリマ等で処分を。
数千円程度の商品なら、清く廃棄すれば良いでしょう。

最後に

せどりは正しくすれば、仕入れて1ヶ月で販売出来る商品がほとんどです。
ジャンク中古においても、最悪2ヶ月以内にはすべて販売出来ます。


ジャンク中古で仕入れ値が安いからといって、半年も寝かすような
せどりをしている人で、稼いでる人に出会ったことがないですからね。
在庫は損失以外の何も生み出しません。

この記事を機に今後不良在庫は無くしていきましょうね!




LINE@登録で、初心者が10万稼ぐマニュアル・LINEチーム参加権GET! 友だち追加


月収100万overの2人で無料ラインチーム募集中です! 無料ラインチーム募集中!


いっくんのメルマガ登録は下記バナーをクリック!


スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ